横断歩道で止まらない県ランキング

2016年に始まったこの調査、今年も一位は長野県で68,6%、二位は静岡県の52,8%。そして最下位は三重県の3,4%でした。
ちなみに調査の始まった最初の2016年は、一位長野県58,6%、二位静岡県39,1%、最下位は栃木県の0,9%。
全国平均は2016年が8,6%で今年が17,1%ですから、この4年でマナーはだいぶ向上しているようですが、一位と最下位の格差のあまりの大きさに驚愕します。

実際普段走っていてもだいたい横断歩道に人がいればほとんどの人が当たり前のように止まっているのでこれが普通だと思っていたのですが、静岡県民は従順な傾向なんでしょうか?
そう言えばこの前事務所に来た若い娘さんが関西弁だったので少し話をしたら、今年神戸から静岡に就職したんだそうです。
静岡はどう?って訊いたら「静岡の人はみんな優しくて来て良かった」と言ってくれました。

しかしこんな発表見てしまうと車で他県に行くのは躊躇してしまいますね。怖いわー


この記事へのコメント

Rip
2019年11月22日 10:06
大阪府は府民自らが認める「マナーはそれほどよくない都道府県」です。
そんな中で育った私、横断歩道で停まるときは追突されるんじゃないかとちょっと緊張します。
素通りして、「アッこの状態、他府県のドライバーだったら停まっていたなあ。」と思うこともあります。
レベルは大阪の“並”ぐらいの感じでしょうか。
LYNX
2019年11月22日 12:41
Ripさん
ブログ拝見。良いですよねぇ林道ツーリング、羨ましい限りです。
そうなんですね。朱に交わればなんとやらなんですかね。笑笑
以前御堂筋見たときこれを横切って右折左折するのは至難の技だと感じました。都会だとやっぱりのんびりなんて走れないんでしょうね。