昔夢中で見ていた『どてらい男』がYouTubeに

もう40年も昔だっただろうか、夢中になって見ていた西郷輝彦の『どてらい男』をYouTubeで見つけました。
これを見て商いの面白さを知り、漠然とだけど商社マンになりたいと思ったものです。
昔のTVだけど、こうして見ているとカメラワークの素晴らしさ役者上手にはあらためて驚かされます。
一気に13話まで見てしまったけど、こんなに目が離せず次の展開がどうなるんだろうと引き込まれていくのは本当に久しぶり。
最近のテレビが面白くなくて見ない人が増えているのも何となくわかるような気がします。



お勤め終わったぁ~~

今年からフルタイムで働き始めて一年。
いろんな事があったけど、過ぎてしまえば今は昔。
悲しかったこと嬉しかったも、み~んな一緒に胸のなか。
また新しい年のめぐりあいに期待して、今年一年を終わることにしよう。
自分にお疲れさま。🍺✨🍺



web耳かき

ネットで見つけたweb耳かき。
今日届いたので早速開けてみると中はこんなでした。
DSC_0586.JPG

DSC_0587.JPG
結構耳かきの先っちょアクセサリーは豊富です。
もう一本の筒の中に10本以上の形状が違う耳かきの先っちょが入っています。
DSC_0591.JPG
早速耳の中を覗いてみますが、ピントを合わせるのはなかなか大変です。
ましてや僕の方向感覚が悪いのか、思い通りに掻くには慣れが必要なようです。
ちょっと恥ずかしいですが、僕の耳の中です。
20191222203147.jpg
まぁ綺麗で良かったのですが、もう少し奥を覗いて見ると……
20191222203707.jpg
皮膚が赤くなっているのは掻き過ぎのせい? 炎症をおこしているようです。
耳くそが見えますが実際に掘ってみると、ほんとに小さな耳かすでした。
レンズのマジックですね。

自分で見えない所が見えるとなると、やっぱり見てみたいのがここ。
髪の毛が抜けたのは毛穴が汚れているのかどうなのか気になるところです。
20191222201957.jpg
しかしこうして見ると畑はすっかり間引き状態。
この先が思いやられます。⤵⤵涙

この耳かき、嫁さんと娘にやらせようとしたら逃げられました。
見たくもないようなこと言ってたけれど、もしかしたら一人ならこっそり見てみたいのかな?笑笑

しかし、6千円も出して買ってはみたものの、一度使ってみるとこの先使うかどうか微妙な感じも。
まっ、今まで見れなかったのが見れたということで満足したことにしよう。

注意事項としては、スマホのアンドロイド9ではWi-Fi繋がらず、タブレットの5.0.2ではすんなり繋がりました。
アプリが追いついていないのか?それとも僕の設定がおかしいのか?


いつもの割り込み運転注意箇所で

ここは必ずと言っていいくらい割り込みがある場所です。
バイパス下り車線を直進する右車線とバイパスを東名に降りる左車線がかなり長い距離でもうけられているのですが、直進車線は特に朝夕毎度毎度の超渋滞車線。
それでそれを充分にわかっているドライバーさんは、左車線を分岐点まで飛ばしてから割り込んできます。
出口案内看板からでも400mはありますからそこまでしなくても途中で車線変更する余裕は充分あるように思うのですが……。
で昨日やっぱり僕の前に地元ナンバーの軽四の割り込みがありました。
まさかこんなゼブラゾーンまで来てとは思わなかったのでちょっと油断していたのもありますが、ハンドルを右に切ってセンター分離帯ぎりぎりまで避けてセーフ。
車線変更する時は相手が自分を認識してるのを確認してからでないと危ないですね。

ちなみにどんな場所かGoogleで拾った画像がこちらです。

Screenshot_20191222-090014.png
Screenshot_20191222-090107.png
Screenshot_20191222-090130.png
Screenshot_20191222-090231.png
Screenshot_20191222-090512.png
充分過ぎる直線道路なのがわかると思います。
危険箇所だとわかっているなら最後まで気を緩めてはいけませんね。反省です。


右足下肢静脈瘤手術から二ヶ月、膝は順調です

右足下肢静脈瘤の手術から、二ヶ月目の経過診察に行って来ました。
もしかしたらと思いきってした手術ですが、以前正座どころかしゃがむのも辛かった膝は、今のところ日常生活で膝を意識することは無くなりました。
とは言え、走ったり疲労が蓄積すると膝の後ろが圧迫されるような軽い痛みを感じることは少しだけあります。

一ヶ月検診の時は下肢静脈瘤と膝は関係無いように聞いていましたが、自分的にはもしかしたらという予感的はありました。
その理由として……
①整形外科で診てもらった結果、膝関節の骨に異常は無かったこと
②ヒアルロン酸注射を4本だったか5本打っても何も変わらなかったこと
③炎症とか筋肉だったらこんなに長引いていないはず
④筋肉通なら、指を押して刺激すれば痛む箇所は直ぐに特定できるはず
⑤昔、軽のワンボックスにトライアルバイクを積んで大会や練習に遠征に行った帰り、疲労が蓄積した膝がうっ血したような強い痛みを感じた経験があること

そんなことから、もしかしたら血のめぐりが悪くなって膝が痛いのではという予感みたいなものは感じていましたが、医者もこんなこともあるんだとねと言っていたくらいでしたから、一般的に僕の場合はレアアースなのかも知れません。
取り敢えず、今のところ手術したことは結果オーライだったようです。✌

東京出張、田町駅での風景

昨日東京出張、田町駅前の階段手すりに鳩がずらりと行列。
公園ならともかくこんなに所にこんなにたくさんの鳩がいるなんてちょっとびっくり。
階段降りるとき、上から爆弾落とされやしないかとドキドキでした。
_20191210_200947.JPG

お昼は鯛めし丼。
DSC_0560.JPG
隣の客のタバコの煙りが鯛めしを食べるたび口に吸い込みむせる。
店内に貼り紙があってどうやらタバコフリーの店のよう。
入口にでっかく書いてくれたら、この店には来なかったのに……
しかし最近にはめずらしい店もあるもんだ。
さすが東京?


キャプチャー二回目の車検

今日キャプチャー二回目の車検が終了。
今回のメインテーマは、夏過ぎあたりから突然出始めたダッシュボード右側のビビり音。
スピードをじんわり上げたりエンブレ利かすのが一番わかりやすく、これはAピラーの緩衝材の取り付け位置を変え新しい物につけ直し。
あとセンターからのビビリ音は、小物入れリッド(開閉蓋)とやらが閉まっていなかったからではと言われたけれど、そもそも僕のは閉まりが悪い上に開けにくい。
ただし、ここは自分でも押さえながら走ってみたことがあるし、前に一度カーナビ修理でカーナビを外してたときは出なかったので、今回はしばし様子見。
もうひとつの左ドアのスピーカー辺りからのビビリは、ドアトリムを外して再度組直し。
メッシュのスピーカーカバーが少し浮いてたのが 原因かも。

まぁそんなわけで、帰りは代車のダイハツ軽の騒音と振動に慣れてしまったせいか、走った瞬間あまりの静かさに感激。
改めてキャプチャーに惚れ直しましたね。

で、今回の二回目の車検費用がこちらです。
五年目の車だから交換箇所が増えてます。
DSC_0543.JPG
DSC_0544.JPG
諸費用52,230円と整備代等100,200円、VARUTAのバッテリー20,000円の合計が、今回のキャプチャー二回目の車検費用の総額ということになりますが、バッテリーはポイントを使ってネットで購入したので、実際には12,000円くらいです。
DSC_0541.JPG
さぁ次の車検までもうひと働きしてもらわなくちゃだけど、取り敢えず最初のお仕事は15日の埼玉です。
久しぶりの県外だけど、気持ちよく走ってくれそうな予感がします。


だから駆け込み乗車は危ないって

今日の朝、隣のホームでホームライナー(快速)がまさに発車寸前というところに階段を駆け下りてきた若いリーマンさん。
もうドアは閉まりかけて間に合うはずもないタイミングなのに、手を伸ばしてカバンを差し込みました。
当然だけど体は置いてきぼり……
ホームは直線だし車掌さんから十分目視できるはずなので、車掌さんがドア開けてくれるのを待っているのかな? ドアに密着した感じで突っ立っています。
ところがどうしたことか、一向にドアが開く様子はありません。
見ている僕もちょっとハラハラドキドキ……
リーマンさんもかなり焦ってきたようで、カバンのバンドを肩から外し一生懸命に引っ張り始めます。
見てて滑稽なくらいです。
さぁどうなることやらと眺めていると、車掌さんそろそろ反省しただろうし勘弁してやるかと思ったのか、ドアを開けてくれました。
近くで見ていた人から「あのまま電車に乗るつもりかな?」って声が聞こえてきます。
案の定、彼は車掌さんに申し訳なかったと挨拶もせず車内にinしていきました。
見ていると、リーマンさん恥ずかしいのか他の車両に歩いていく姿が見えます。
これだもんなぁ~
あそこまで危険な駆け込み乗車って初めて見ましたが、あれで事故に繋がったとしたらどれだけ周りに迷惑をかけることか。

ちなみに僕は3本電車を見送って、島田駅が始発の電車に乗って、いつもの指定席で通っています。
余裕があり過ぎて、最近は寒風に震えながらホームの先頭に立っています。笑笑

無くしたカードが……あった

ちょっと前の事だけど、週末高速使うつもりでETCカード確認したら無いことに気がついた。
あれって思い他のカードも確認したら銀行のネットバンキングに入る時に使う乱数表みたいなカードも無い。
ETCカードはその前に使って抜いたのは覚えているから外で落とすことは考えられないし、銀行カードが無いということは何処かに一緒にあるはず。
しかし結局見つけ出せず、再発行して先週末ようやく二つが到着。

ところが何と、たった今財布見たら二つ揃って入ってた。(驚驚驚)
少し前に財布を変えたんだけど、よく使う病院の診察券やら何やらを入れているポケットの反対側にもうひとつポケットがあるのを忘れてた。
カード2枚だけなので厚みが無く入口がピタッてくっついて、ちょっと見ポケットがあるのに気づきにくいとは言うもののなんと情けないことか。
歳をとるということは悲しいなぁ~~っていうことにしておこう。(笑笑)