だから駆け込み乗車は危ないって

今日の朝、隣のホームでホームライナー(快速)がまさに発車寸前というところに階段を駆け下りてきた若いリーマンさん。
もうドアは閉まりかけて間に合うはずもないタイミングなのに、手を伸ばしてカバンを差し込みました。
当然だけど体は置いてきぼり……
ホームは直線だし車掌さんから十分目視できるはずなので、車掌さんがドア開けてくれるのを待っているのかな? ドアに密着した感じで突っ立っています。
ところがどうしたことか、一向にドアが開く様子はありません。
見ている僕もちょっとハラハラドキドキ……
リーマンさんもかなり焦ってきたようで、カバンのバンドを肩から外し一生懸命に引っ張り始めます。
見てて滑稽なくらいです。
さぁどうなることやらと眺めていると、車掌さんそろそろ反省しただろうし勘弁してやるかと思ったのか、ドアを開けてくれました。
近くで見ていた人から「あのまま電車に乗るつもりかな?」って声が聞こえてきます。
案の定、彼は車掌さんに申し訳なかったと挨拶もせず車内にinしていきました。
見ていると、リーマンさん恥ずかしいのか他の車両に歩いていく姿が見えます。
これだもんなぁ~
あそこまで危険な駆け込み乗車って初めて見ましたが、あれで事故に繋がったとしたらどれだけ周りに迷惑をかけることか。

ちなみに僕は3本電車を見送って、島田駅が始発の電車に乗って、いつもの指定席で通っています。
余裕があり過ぎて、最近は寒風に震えながらホームの先頭に立っています。笑笑

無くしたカードが……あった

ちょっと前の事だけど、週末高速使うつもりでETCカード確認したら無いことに気がついた。
あれって思い他のカードも確認したら銀行のネットバンキングに入る時に使う乱数表みたいなカードも無い。
ETCカードはその前に使って抜いたのは覚えているから外で落とすことは考えられないし、銀行カードが無いということは何処かに一緒にあるはず。
しかし結局見つけ出せず、再発行して先週末ようやく二つが到着。

ところが何と、たった今財布見たら二つ揃って入ってた。(驚驚驚)
少し前に財布を変えたんだけど、よく使う病院の診察券やら何やらを入れているポケットの反対側にもうひとつポケットがあるのを忘れてた。
カード2枚だけなので厚みが無く入口がピタッてくっついて、ちょっと見ポケットがあるのに気づきにくいとは言うもののなんと情けないことか。
歳をとるということは悲しいなぁ~~っていうことにしておこう。(笑笑)

キャプチャーのドアゴム修理

来週キャプチャーの車検なので、その前に剥がれたままになっていた左右リアドアのゴムをボンドでくっつけてみました。

これが以前撮った写真。
153708689750507808180_DSC_1824.jpeg
下は、今回買ってきたセメダイン3000ゴールド瞬間接着剤。
「硬質プラスチック、合成ゴム、金属」対応です。
DSC_0540.JPG
以前、「ゴム系ボンドなら何でも良いということではなく、ゴムの素材によってはくっつかないことがある」と聞いていました。
その言葉がずっと心に残り、素材をネットで検索するもわからず、どのボンドが良いのかもわからずで、ついついそのままほっぽらかしにしていたのですが、最近運転席側のリアドアを上手に閉めないとゴムが出てぶらつくようになりました。
そんなことで、今日ダメ元でトライしてみましたが、なんとか無事くっついてくれました

完成写真はまぁ写すまでもなく見た目も普通の状態なので、写してはありません。
この状態がいつまで保つかわかりませんが、その時はその時でまた考えることに。


横断歩道で止まらない県ランキング

2016年に始まったこの調査、今年も一位は長野県で68,6%、二位は静岡県の52,8%。そして最下位は三重県の3,4%でした。
ちなみに調査の始まった最初の2016年は、一位長野県58,6%、二位静岡県39,1%、最下位は栃木県の0,9%。
全国平均は2016年が8,6%で今年が17,1%ですから、この4年でマナーはだいぶ向上しているようですが、一位と最下位の格差のあまりの大きさに驚愕します。

実際普段走っていてもだいたい横断歩道に人がいればほとんどの人が当たり前のように止まっているのでこれが普通だと思っていたのですが、静岡県民は従順な傾向なんでしょうか?
そう言えばこの前事務所に来た若い娘さんが関西弁だったので少し話をしたら、今年神戸から静岡に就職したんだそうです。
静岡はどう?って訊いたら「静岡の人はみんな優しくて来て良かった」と言ってくれました。

しかしこんな発表見てしまうと車で他県に行くのは躊躇してしまいますね。怖いわー


こっそり狙った11日の出産

ニュースを見たら11日を何がしかの記念日にした人が多いようですが、実は僕も娘の出産が11日にならないかとこっそり心の中で狙っていた口です。
病院からはたぶん日付変更線を超えるか超えないかになるのではと聞いていたので、それならもしかして……と心の中でひそかなガッツポーズ。
結局22時少し前に無事出産したわけですが、娘が産まれたときも3日だと平成1年2月3日になるんだけどと病院に訊いたくらいのバカおやじです。笑笑

昨日は婿殿が佐賀から僕の大好きな如水庵の大福をお土産に持って、文字通り飛行機で飛んで来てくれました。
一日ずっと母子の傍にいてくれる優しい婿殿で、昔の自分を思うと穴があったら入りたいくらいです。

娘の出産

久々のブログ更新、今日は再開のきっかけの日になりました。

今日は義母の納骨の日だったけど、里帰り出産で帰省している下の娘は帰りに病院へ寄りそのまま入院。
そしてたった今嫁さんから出産の連絡が。やれやれこれでひと安心です。
157339829098838662405-thumbnail2.jpg

本当は7日の出産予定だったので今日の納骨出席は無理かなと思っていたのですが、なんと親孝行なベビーちゃんでしょう。
義母もあともう少しで孫を見れたのにと思うと残念ですが、今日という日に重なったことに運命を感じます。

佐賀に帰るのは暖かくなってからのようなので、これからしばらく賑やかな日が続きます。
12月には長男が結婚するし、お正月は家族が増えて賑やかになりそうです。


続きを読む

しょんない話

再来週早々に下肢静脈瘤高周波カテーテル治療のがあるんだけど、入院中の義母の容態が昨日急変しあまり芳しくない。
そこで今日これこれこういうわけでもしかしたらキャンセルも考えられると伝えたところ、『取り敢えず予定はそのままにして、もし万が一ということになったら連絡ください』ってことになったんだけど、直ぐに折り返しの電話があって『もしわかれば早めに連絡ください』とさ。
思わず『いくらなんでもそれはわからない。わかれば苦労しないよ』と言ったら『あっそうですよね』って言ってたけど、電話機の向こうでクスクスと笑い声が……。周りも若い娘さんにそんなバカなこと言わせちゃダメだよね。
下手すりゃ血の雨降るよ。っていうしょんない話でした。