次女の連れ合いが佐賀県三段跳びで9連覇達成

次女の連れ合いが『第74回佐賀県陸上競技選手権大会兼国体選考会』で、三段跳び9連覇を達成したようです。

三段跳びは競技人口こそ少ないものの、30歳という年齢を考えると若手を押さえて9連覇は大したものです。
こうなると来年も頑張って10連覇達成してもらいたいものです。

電車内アナウンスに英語が

連休明けの電車で気がついたけど、行き先案内が日本語の後で英語でも案内していました。
車掌さんもこれから大変だなぁ~~と思ったらアナウンスは静岡駅だけで、ローカル駅では今まで通り。
もっともローカル駅を利用する外人さんは地元に根をおろしている人達だから、主要駅を利用する外国人観光客向けなんだろうね。

朝のTVインタビュー

朝、静岡駅の改札口を出たところでカメラが連休明けの通勤風景を撮影していました。
横を通り過ぎるところで某TV局のアナウンサーから取材のお願いがありましたが、急いでいるのでとご容赦いただきました。
でも、時間があったとしてもこの面を公の電波に流す勇気は無いかな。笑笑

今年は家族が増えるかな

今年39歳になる息子がお嫁さん候補を連れて帰省。
どんな娘さんが来るのかと内心ドキドキビクビクしてたけど、素直そうなおっとり系の娘さんでした。
そして年令はなんと13歳も年下。
まぁ本人はともかくとして、月末に挨拶に行くという彼女の親は、一回りも違う歳の差に何て言うのかなぁ~~
僕が彼女の親だとしたら、まぁちょっと待てとでも言うのかな?笑笑

そして佐賀へ嫁いだ下の娘が懐妊。
予定は11月らしいけど出産はこっちでするみたいだから、また家の中が賑やかになりそう。

令和元年、新しい時代の幕開けが、我が家にとっても良い年になることを祈るばかりです。

日出次さん限定ラー油入り拉麺

昨日のお昼は久しぶりの『日出次』さん。
いつもはお気に入りの追い鯖節が多いのですが、今日は限定の赤背脂煮干にしてみました。
ラー油が良い塩梅でピリ辛って効いてとても美味。
次は何食べようか楽しみになります。
画像

画像


✳追 記
先週末行った『大井川漁協直営食堂』ですが、桜えびの不漁で13日(土)、14日(日)は臨時休業になったようです。
この前もジモティーのご婦人が「テレビに出てから凄く混む」って言ってましたもんね。

桜えびと桜見物

桜は今週が見どころと、吉田町にある小山城の桜見物と最近オープンした大井川漁港直営の食堂さくらの桜えびを食べに行って来ました。
駿河湾名物の桜えびは、由比港ではニュースになるくらい超不漁で危機的状況にあるものの、大井川港では漁場が違うのか漁があるようです。
11時少し前にさくらに到着し、この時間ならすんなり入れると思いきや、店の前は行列が。
✳この先頭から右にまだ行列が並びます。
画像

待つことおよそ90分。この間Uターンして帰る車も多数。
嫁さんも自分も並ぶのが嫌いだけど、桜えびは他ではなかなか食べることができないので、ここは辛抱です。
✳なんと、ここのメニューは桜えびとしらすのみ。勝負してますねぇ。
画像

下段は100円ではなくて700円です。自分は一瞬100円って勘違いしてしまいました。笑笑
お目当ての30食限定の大井川みなと丼ははあともう少しのところで売り切れの案内が。残念
画像

で、嫁さんが頼んだのは二色釜揚げ丼
画像

自分が頼んだのは桜えびかき揚げ丼生桜えび
画像

で結局並ぶのに90分、店に入って出るまでに60分。
頼んだかき揚げ丼が目の前に並ぶ頃には些か脳ミソがアクビしてました。

お腹を満たしたところで次は小山城の桜です。
このお城は観光用ですが、小高い山の上にあって地元の人達にも愛されています。
娘がちょっと離れた所の保母さんやってますが、子供達を連れて遊びにくることもあるようですが、ちっちゃな子供達には結構な距離があるような気もしますが……。
画像

画像

画像

来週末には桜は散っているのかな?

キャプチャーのリアドア凹みデントリペア修理

いつやられたのかわからないけど、おそらくドアパンチの凹傷?
運転席の後ろのドアの、ちょうどRのトップの所によく見ないとわからないような凹みがあります。(※赤く○したところです)
今まで何度写真撮ろうとしてもボディが局面なので、光が反射して写すことが出来なかった不思議な凹み傷です。。
不思議なのは、ドアパンチなら縦筋が入りそうなものだけど、この傷は面状になっていて、何かの拍子に何かで押されたような感じの凹み傷です。
画像

ルノーさんに訊いたところ、塗装無しのドアだけでも7万円ほどで、塗装やら工賃やらを考えると結構なお値段になってしまうようです。
車両保険使おうかと思ったら、等級が戻るまで3年掛かるようだし、保険使うなら僕の場合15万円以上で無いと保険使うメリットは無いようです。
結局それって自分の全額持ちだしのように感じてしまうのは何故?
言われなければわからないような微妙な凹みなので、いっそ気が付かなかったことにしようかとも考えたけど、運転席の後ろのドアって乗る時どうしても目が行ってしまうんですよね。

今日ネットで調べていたら『デントリペア』の聞き慣れない文字を発見。
調べてみたら、正式には『ペイントレス・デントリペア』と言って、特殊工具を使って板金塗装をしないで修復するようです。金額も板金塗装の半額以下だし、何より塗装しないので塗装のムラや色あせの心配は皆無。
この近くだと静岡、焼津、菊川、袋井とかのお店が見つかったけど、僕が選んだのは菊川の『デント・はぴねす』さん。
画像

決め手は、ホームページhttps://dent-happiness.com/71147/車・バイク大好き人間と書かれていたこと。
個人店でしかもバイク好きとなればいい加減な仕事はしないはずです。
早速電話で約束した16時30分にお店に伺い話を聞いたところ、「今からやりますか?」のひと言で即行決断。
終わったのは19時だったけど、バイクを眺めたりバイクの話などをしながらで、とても素敵な時間を過ごせました。

作業はこんな感じです。
画像

修理する内容が絵で示されていました。
凹みを直すのにポンチ?をハンマーで叩くのが不思議でしたがこれを見てなるほどと納得です。
平面を敢えて微小な波状にし、特殊器具で細かく細かくボディを平面に近づけて行くようです。
画像

画像

画像

画像

画像

裏から治具で少しずつ少しずつ押す形で平面にして行くのですが、ボディの金属が生き物のように伸び縮みするのが不思議な光景でした。

正確には平面では無いそうですが、見た目も触った感じも修理の痕跡も無いし、ここがそうだと説明してもわかる人はいないんじゃないかと思うような出来栄えです。
請求書の金額は何となんと驚くことなかれ、税込み25,920円でした。

小凹みなら数十分で直るようだし、出張修理も行っているので、悩める人に教えてあげたくなりますね。
また、バイクが好きなだけにバイクのタンクの修理も対応しているようです。
作業場の奥の事務所にはこんな素敵なバイクが置かれてました。
CB500なんて信じられないくらいピッカピカです。
画像

画像

画像

外にはこんな美デザインのバイクもありました。
なんでこのデザインのバイクが今は無いんだろうなぁ………今や熟年ライダーの方が多いのだから、走りよりも雰囲気を楽しめるこんなバイクを出して欲しいものです。
画像


今日は想定外の一日になったけど、充実感溢れる一日になりました。

✴️追 記
朝の陽かりで四方八方からかざして見ても、指の甲で撫でるように触れてみても、何処を直したのか全くわからない出来映えです。🙌🙌🙌