アクセスカウンタ

駿河爺の旅 釣りとバイクの備忘録

プロフィール

ブログ名
駿河爺の旅 釣りとバイクの備忘録
ブログ紹介
駿河湾で船を浮かべ、空サビキ.魚ギング系.ルアーの釣りをしています。
バイクは変態系と言われるヤマハMT-01です。
たいして中身のあるブログじゃないけど、興味があったらたまに覗いてみてください。
※駿河路を爺と掛けたけどわかってもらえたでしょうか。

zoom RSS

バスクリンの薬用育毛剤『髪殿』

2017/02/25 17:30
年齢と共に頭の上が寂しくなっています。
U字形に薄く、わかりやすく言うと逆モヒカン?
頭の真ん中が薄いので、髪を流してもトンネルみたいに光が透けてしまいます。
写真でも載せればわかりやすいのだけれど、僕にはそんな勇気はありません。
いっそのこと坊主にとも思うのですが、実は僕の頭は頭蓋骨が凸凹だし、まんま典型的な日本人型扁平頭。坊主頭がファッションにならず残念⤵⤵

と、悩んでいるところにネットで見つけたのがこのバスクリン薬用育毛剤『髪殿』
薬用シャンプーがひとつ付いたT5日のお試しセット。
気になるお値段もT,080円と、これなら気楽に試しても大丈夫。ダメ元です。
画像

今日で4日目ですが、当然いきなり髪の毛が増えたということはありません。
とは言うものの、僕的に満足したのが適度な油気がうまい具合に整髪料になってくれていること。
髪が落ち着いてトンネルが気づき難くなっています。
風が強いときに片開きのドアみたいに髪がバサッとなびいていたのも、あまり気にならなそう。
バスクリンさんでは半年は続けて欲しいようなので、これは素直にこのまま継続してみようかな。

記事へトラックバック 0 / コメント 4


登坂車線を右側に

2017/02/21 21:57
こんな記事を見つけました。
普通だと登坂車線は左にあるのですが、これだと遅い車が右側車線をキープして走ると、先に行きたい車は左側からの追い越しになるので、右側に登坂車線を持っていこうとするための試験運用のようです。
画像

画像

でも、当たり前に考えれば遅い車が左に避ければ済む話なのに、そうは行かせないのがどういうわけか何処を走っても常に右側追い越し車線を走りたがる人たちです。
左側走行車線ががらがらなので、先に行こうとすると左側車線からの追い越しにならざるを得ません。
これはパトカーとかに見つかったら即御用です。

実は20代半ば過ぎの頃に、がら空きの東名高速で富士山の夕焼けに見とれて追い越し車線を走っていてパトカーに捕まったことがあります。
それ以来当たり前のように追い越し車線をキープして走る車は気になって仕方ありません。

去年、NEXCO中日本に『新東名の三車線登り区間は、一番右側の車線を大型車両通行禁止にできないか?スピードを維持できない車が道路を塞ぎ交通の邪魔になるし、後ろの車がイラついて事故の危険性も高くなる』と言ったところ、返ってきた答えは『自分達にそれを決める権限はありません』だと。

YouTube見ると、交通トラブルの映像でよく見受けられるのが、右側車線を天上天下唯我独尊気分で走る車をめぐってのトラブル。
面白いのは、それを煽った車ではなくて、煽られた車がこんな乱暴な車がいてと投稿し、逆にアホ扱いされていること。
追い越し車線を当たり前のように走る車って何も気づいていないってことなのかな?

記事へトラックバック 0 / コメント 4


TANAXシェルシートバッグGT

2017/02/18 23:33
デイトナ茶ミーティングや去年コミプラで開催されたMTミーティングで、『TANAXさん、ハードタイプのシートバック造ってくださいよ』と言っていたのが、いよいよ近日発売開始されるよう。。
サイドバックで造っているんだから、それを縦から横にするだけでちょっとした雨にも強くなるし型崩れもしないはず。
まぁメーカーだから、そんなアイディアとっくあったとは思うけどね。
画像

画像

画像

ウエアとかヘルメットから滴り落ちた水滴がシートに落ちてバックの底を濡らし、中に染みてきたことがあります。
上だけでなく底も含めてシェルタイプなのかな?ファスナーは止水タイプなのかな?
早く実物で確かめてみたいものです。

記事へトラックバック 0 / コメント 4


ぷらっと御前崎

2017/02/18 18:22
今日は昼飯のあとぷらっと御前崎まで走ってきました。
いつもの大井川は、雨の降った翌日は山から水が染み出て路面を濡らしバイクを汚すのでパス。
バイクを水に濡らすのはご法度です。
掃除が面倒ってのもありますがね。😜
画像

画像

風は少しあったもののそんなに寒くはなく、気持ち良く走れました。
一年中バイクに乗れるのは静岡県ならではですね。

ちょい乗りってよく言うけど皆さんは何kmくらいがちょい乗りですか?
僕のところからだと大井川を走っても御前崎を走っても、ドチラモ80kmとか90kmくらい。
時間にして1時間から2時間程度、正に地の利を感じます。

今日の走行距離 79,3km、 燃費 18,6km/L

記事へトラックバック 0 / コメント 2


ルノーキャプチャーT2ヶ月点検

2017/02/15 22:03
そうそう、先週キャプチャーのT2ヶ月点検が終わりました。
法定点検代25,000円とメンテなコーティングが15,000円。
年に一回は交換がお勧めというエアクリーナーエレメントの交換に前後ブレーキの分解整備等々で締めて53406円コース。
エレメントは一年は早いかなとも思ったのですが、汚れを見たらこれは換えるしかないと実感しましたね。
悪評判のフロントワイパーの鳴きはブレードを調整してくれたようですが、今のところその効果を試すときがありません。
ブレーキは分解整備が効いたようで、タッチが大きく変わりました。
前はガクンってつんのめるような強い効きがあって少し使いづらさもあったのですが、今はギュウっと効いてとっても良い感じです。
やっぱり点検出すと車がピシッと閉まりますね。

年末にエンジンオイルが2リットルも減ったのですが、これは対策が出たということで、ロムの書き替えになりました。
オイルは無料で交換していただきましたが、減ったのは一年がかりでしたので、これも結果が出るにはまだまだ先のようです。

これでまた一年気持ち良く走れそうです。


記事へトラックバック / コメント


H29 YSP静岡東さん「ごはんってうまいよね!!ツーリング」

2017/02/14 22:40
12日の日曜は、YSP静岡東さんの「ごはんってうまいよね!!ツーリング」企画で西伊豆松崎町地魚料理のさくらへ行って来ました。
先ずは家をスタート。
画像

防寒ウエアの効果で身体はそんなに寒くは無いのですが、指の先が寒さで感覚が無くなって来ます。
寒さのせいかどうかわかりませんが、参加は12台くらいで、今回女性ライダーの参加はゼロでした。
画像

最初の休憩ポイント富士川道の駅でボブさんが合流です。
画像

淡島マリンパーク近くのコンビニで休憩しますが、この頃になると寒さもだいぶ和らいで来ます。
左の山が淡島で、隙間から富士山の姿を見ることができます。
一見地続きのようにも見えますが、船で無いと渡ることはできません。
画像

ここから海岸沿いを走り、松崎の地魚料理のさくらへ到着です。
さくらはこんなお店です。
画像

画像

ここは食事をすると何と五種類の心太が食べ放題です。
でも残すと…罰金です。
普通の心太以外に、抹茶、コーヒー、よもぎなどがあって、味付けは酢、黒みつ、きなこ等を自分好みにアレンジして楽しめますが、僕的には普通が一番だったかな。
画像

小さな丼に盛られたたくさんのアジの叩き。
これがここの名物アジまご茶づけ定食
画像

最初はニンニク醤油をかけてご飯と一緒に食べます。
結構ニンニク効いていますが、後のことは忘れてたくさんかけるほどに美味しさが増します。
これってアジの下にご飯が隠れているんですよ。
画像

後の半分は、茶づけにしていただきます。
呼ぶとお店の人がだし汁をかけてくれます。
画像

最初は多いかなと思っていましたが、結局全部ペロリと完食。
結構入ってしまうもんだと自分でもビックリです。

実は、YSPさん時間予約してあったようですが、それを知らなかった自分を含め数名は先に入ってしまいました。
食べ終わった頃ようやく皆さん食べ始めたようで、このままだと帰りが寒くなってしまうので、申し訳なかったけど早期離脱させていただきました。

さくらは長八美術館のまん前で、美術館の駐車場の一角になります。
行きやすいお店ですが、昼時は混雑していますので、行かれる方はご注意を。


記事へトラックバック 0 / コメント 2


事務所前でキャプチャー

2017/02/09 23:40
今日は仕事の帰りにT2ヶ月点検に出すので、キャプチャーで出勤しました。
朝の通勤時間帯なので、人の流れが切れたところでチャチャっと撮影。
なかなか勇気が要るものですね。
画像

画像

画像

画像

素人写真だけど、なかなか格好良く写っていませんか?
この前TOYOTAのCーHRと日産ノートeパワーを試乗してきましたが、言うほど感動はありませんでした。
特にCーHRはキャプチャーと同じダウンサイジングターボ搭載車を試乗してみたのですが、トルク感があってグイグイ車を引っ張っていくのはキャプチャーの方が数段上で、CーHRはデザインはともかくとして、走りの愉しさは普段乗り慣れている普通の国産車と大差無さそうです。
eパワーノートはスピードとブレーキがワンペダルでドライブ出来るくらいということなので、ブレーキランプがどういうタイミングで点灯するのか訊いたところ、実際には減速するとかなり頻繁にブレーキランプが点いてしまうとか。
後ろを走る車にとっては、コーナー入り口や直線道路で減速する度にちょこまかブレーキランプを光らせる車の後ろは危なっかしくて走りたく無いもの。
第一乗ってる方も恥ずかしい気がします。ブレーキランプはちょっと不安ですね。
※あくまでも個人的な感想ですがね。
それに比べると、キャプチャーは見て良し乗って良し走って良しの三拍子揃ってるし、とにかくワクワクするような楽しさがあります。

この辺りでキャプチャーと遭遇することは奇跡みたいなものだけど、国産みたいにあっという間に溢れるよりはむしろ誇らしい。
そう言えば前にドライブがてら買い物に行ったら、近くにいたおじいちゃんが慌てるように駆け寄ってきて『格好良い車だけど何て言う車?』って聞いてくれました。
車に詳しくないおじいちゃんが感動してくれるなんて嬉しいですよね。

記事へトラックバック 0 / コメント 4


続きを見る

トップへ

月別リンク

駿河爺の旅 釣りとバイクの備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる