駿河爺の旅 

アクセスカウンタ

zoom RSS ドローンを買ってみたら

<<   作成日時 : 2017/07/14 22:33   >>

トラックバック 0 / コメント 4

気楽に考えていたら結構大変でした。

先ず選んだドローンは、航空法の規制対象外のトイ・ドローンと呼ばれる総重量200g以下のもの。
軽いから飛ばすのは室内か風の小さな屋外になるけれど、気負わず楽しむにはちょうどよいかも知れません。

最初に飛びついたのはこれ。
画像

画像

でも気になったのはバッテリー交換式では無くて充電タイプなこと。
一回飛ばしたら充電出来るまでお休みでは楽しめないので、いろいろ悩んだ末に決めたのがこれ。
JJRC H37 エルフィ です。
バッテリー2個と墜落交換用プロペラを2セットつけるという用心深さでした。
画像

画像

バッテリーの充電が終わると消灯するので過充電の心配は無いような。
画像

カメラの解像度が低いのは練習用として割り切りだし、取り敢えず遊んでみるには良いかなと思いきや、これを飛ばすまでにはかなり手こずりました。

先ず操縦はスマホを使ってWi-fi接続なんですが、iPhoneとか他のスマホだとWi-fiに接続しましたとガイドされるのに、僕のXPERIAだとこんなメッセージになります。
画像

ネットで調べたら同じようなトラブルがあって、なるほどインターネットに繋がる必要は無いわけで、Wi-fiはバッチリと繋がっていることに気づきます。
でも、僕のドローンはうんともすんとも言いません。
こうなると疑うのはスマホしかありません。
このドローンを操縦するためのアプリは代表的なのが三つあります。
最初は同じJJRCのアプリですが評判はあまり良くないようです。。
画像

画像

画像

下の二つはお勧めアプリのようで、これを使って動かないなんて信じられるわけもなく、結果いたずらに時間をかけてしまいましたが、最後の手段とJJRCアプリをインストールしたら何とあっさりとドローンと接続出来ました。
これだとスマホを傾けてドローンを操作するGセンサーの機能を使うことが出来ないのが残念です。
ちなみにWi-fi UFOはアプリは開こうとするものの立ち上がらずで、JAD UFOは全く反応無しでした。

ドローンに限らず電波を使うものはスマホでもそうですが技的マークが必要です。
このエルフィは外箱についていますが、箱を持ち歩くことは無いので、やはり本体に貼って欲しいものです。
画像

ネットで調べていたら、ここのバッテリーの収納スペースに貼ってあるのがありましたが、多分それがベストなんでしょうね。
画像


さて、ドローンを販売しているのは中国系のお店が多いように思いました。
ホームページに電話番号が書いてあっても留守電で問い合わせはメールで送るようにアナウンスされるし、そのメールもすこぶるレスポンスは悪く、変な日本語で帰って来ます。

肝心のドローンも日本製はほとんど無く、中国とアメリカ製が席巻しています。
本屋さんに行ってもドローンの本なんて置いてないし、いくつかの事件はあったものの、ドローンを使った新しいサービスが研究されていることを考えると日本のドローン産業は立ち後れてしまうのではと心配してしまいました。

とここまで書いて、僕のドローンは未だ飛ばすまでには至っていません。
この三連休で何とか浮かび上がってくれるかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
飛ばす日が楽しみですね😊
yakuwart
2017/07/17 22:21
yakuwarutoさん
風が強く手始めにと部屋の中で試験フライトしたもののなかなか上手く操縦出来ずその内プロペラが衝突のせいで破損。
プロペラ交換しようとしたけど上手く奥まで刺さらず強引に押し込んだらモーターの取り付けにガタが出て回転不能に。
購入店に部品の購入をメールで問い合わせしたものの回答無し。
ネットで検索したら部品販売しているショップありましたがモーターは内回りと外回りがあるようです。
でも壊れたモーターがどっちかわからないのでショップに確認してみようと思いますがこっちのショップはどんな対応してくれるんだろうか……?不安です。
LYNX
2017/07/17 22:39
不安だらけの船出ですね😰
小さいから華奢そうですしね💦
上級者向けのに買い換えますか👍😅
yakuwart
2017/07/18 10:53
yakuwartさん
200g超すと飛行申請出さないといけなかったりいろいろ制約があるから却ってめんどくさいですね。
でもあまりにオモチャ過ぎかもですね。どうしよう…

しかし、国はいろんな施策があるようですが、今のドローンの性能でそれらを実現化するにはかなり無理があるように思います。
本格的なドローンは相当な費用が必要ですから、先ずそこをクリアできるかですね。
LYNX
2017/07/18 11:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドローンを買ってみたら 駿河爺の旅 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる